赤ちゃんモデル事務所クレヨンの口コミ評判・費用・合格率まとめ【ベビーモデルの仕事はある?】

今回ご紹介するのは、画用紙に思い思いに絵を描くクレヨン……のほうではなく、

赤ちゃんモデル事務所の「クレヨン」についてです。

 

https://www.crayon.ne.jp/

 

今年で8歳の誕生日を迎えるになるウチの長男ですが……

 

0歳半の頃から、大手キッズモデル事務所である「クレヨン」へモデル登録し、ベビーモデルの活動をしていた時期がありました。

 

「ありました」と過去形で記載しているのは、残念ながら今は「クレヨン」でのモデル登録及び活動を引退しているためです。

 

何故「クレヨン」でのモデル活動を引退したのか、その経緯について少しお話したいと思います。

そもそも赤ちゃんモデル事務所「クレヨン」って何?

クレヨン」は、下は0歳児、上は18歳までのkids(キッズ)モデルたち専門の事務所となります。

 

関東周辺でのオーディションやお仕事がメインとなりますので、基本的には関東在住のキッズを募集しているようですが、ご自宅から通える範囲内であり、尚且つガッツがあれば関東以外でも応募OKとのこと!

ただし、交通費は自己負担となりますのでご注意ください。

 

さて、そんな「クレヨン」に所属するための方法は大きく分けて”カンタン登録”と”専属モデル”の2パターンがあるそうです。そちらについても詳しくご説明しましょう。

 

”カンタン登録”って具体的には?

 

まるでメルマガ登録のような、手軽そうな響きですよね。このカンタン登録におすすめなのは以下に当てはまるようなキッズたちとなります。

 

・乳幼児など、自分の意思を上手く伝えられないキッズ

・2歳~以上で、モデルのお仕事に興味があるキッズ

・学業や家庭の事情等で、「本格的なモデルのお仕事はちょっと難しいけど、興味はある」というキッズ

 

 

”専属モデル”って?

 

実際に事務所のスタッフとの面接をし、更にカメラでいくつかのテストを受けてから合否を判定をする一般的な事務所への所属方法となります。

 

そして、試験をクリアし見事合格したキッズたちが、満を持して「クレヨン」の専属モデルキッズとして活動することができるのです!

 

 

 

さて、「クレヨン」の募集要項を確認した際にまず感じたのは、「クレヨン」は所属しているキッズモデルたちのことを真剣に考え、1人1人に対ししっかりと「お仕事を回す強い意志」がある事務所だということです。

 

何故なら……もし、登録させるだけさせてお金を搾取するような事務所だとしたらで、募集を関東周辺に絞る必要性が全くないからです。

そういった点からも、真剣にキッズたちのことを考えてくれている事務所なのだと、安心できそうですよね。

 

 

赤ちゃんモデル・子役事務所「クレヨン」に所属するキッズたちの主な実績は?

 

さて、気になる「クレヨン」の子役さんたちについてですが、今までどのような番組への出演経歴があるのでしょうか?

 

代表例は?

 

・NHK Eテレ 「ノージーのひらめき工房」

 

この番組は、子供たちが工作を楽しみながら、ひらめきのプロセスや考える力、想像する力を大切に育てていくのが目的としており、小さな子供向けの番組です。

その他の具体例は?

①映画「銃」主人公の幼少期役

②映画「コーヒーが冷めないうちに」ミキの幼少時代役

③大手ファストフード店マクドナルドで人気のハッピーセット「ルパンレンジャー VS パトレンジャー」のCM

その他にもたくさん出演されているそうです!

 

 

なるほど~♪

 

NHKの有名番組だけでなく、映画やCMにも「クレヨン」の子役さんたちが出演しているんですね☆

 

 

さて、ここで気になるのは、これだけ有名なものに出演するため、「クレヨン」へと所属するのに必要な費用はズバリどれくらいなのでしょう?

 

赤ちゃんモデル事務所クレヨンに所属するための費用はどれくらい?

 

<カンタン登録>

 

(ステップ1)応募写真・書類の審査

(ステップ2)登録審査結果の連絡

登録審査通過者には、「クレヨン」から連絡が来ます。

(STEP3)登録完了

「クレヨン」本社(東京)へ赴き、登録手続きと今後の説明を受けます。

 

【かかる費用】

年会費として10,000円/年

初期費用¥3,000(書類作成・写真ホルダー制作・保管・プロフィール・メール用プロフィール・親子プロフィール作成料)

※初期費用は登録の初年度のみ。

撮影料¥15,000 ⇒2歳以上の子供は必須!!

 

カンタン登録で応募だけでも、合計”28,000円”の出費となることがわかります。

 

 

<専属モデル>

(ステップ1)写真・書類審査

(ステップ2)登録審査結果の連絡

1次審査合格者のみ連絡がきます。

(ステップ3)2次審査

面接とカメラテストを行います。

(ステップ4)合格発表

【かかる費用】

入所金35,000円のみと謳ってはいますが、噂ではその他にレッスン料や撮影料がかかるという話も……

 

このように見てみると、カンタン登録モデルとして所属するパターンと、専属モデルとして所属するパターン、この2つには費用面でそこまで大きな差が無いように感じられますね。

費用には差はそれほど大きくないので、こうなると「どの程度、本気で活躍したいのか」という意気込みが肝心となります。

この2つ、どちらの登録方法に決めるのかは、今後キッズモデルとしてどのように活躍したいのか明確なビジョンを決めてからのほうがスムーズにいきそうですね。

 

それでは、最後に……

皆様がもっとも気になるであろう「クレヨン」の評判について、実際に関わったことのある方たちからの口コミをもとに調査していきたいと思います!!

 

自分の子供を所属させようと思う事務所に怪しい噂や、あまり良くない口コミがたくさんあったら、やっぱり心配になってしまいますからね……。

 

 

赤ちゃんモデル事務所クレヨンの評判・口コミについて (世間の人たちの目にはどう映っている?)

 

<口コミ>

 

「子役事務所は大体どこも、ほぼ間違いなく受かりますね。セン〇ラル、テ〇トル。この2つは特に受かりそうです!」

 

「マイスティンという事務所は審査が厳しいらしく、不合格になってしまう子多いと聞きます」

 

「個人的に調査した優良キッズモデル事務所をランキングにすると1位⇒スターダスト、2位⇒

アミューズ、3位⇒ホリプロ、4位⇒クレヨン、5位⇒マイスティンです!!良かったら参考にしてみてくださいね☆」

 

「ウチの1歳になる子(女の子)をクレヨンにのカンタン登録に応募したところ、5時間経つか経たないくらいで「合格」の通知が届きました!正直、その時はとても嬉しかったのですが、今となるとちゃんと審査してるの?ってちょっと不安な気持ちです。登録料だって払いますからう、今後活躍できるようにしっかりフォローしていきたいと思っています」

 

他にも多数の口コミもチェックしましたが、概ね「良い」という評価が多かったように思います。

 

 

実はウチの子も、クレヨンに応募していました!

 

冒頭でも少しお話ししましたが、実は我が家の次男坊も、当ブログを開始する前、2018年5月頃に「クレヨン」に応募していたのです。

※関東在住ではないのでカンタン登録のほうにしました。

そして、応募から2日後にはなんと「合格通知」が……!

 

合格通知が届いた際は、とってもとーっても、嬉しい気持ちでいっぱいでした。しかし、まだその時は他にも色々な事務所に応募してみようと考えていた段階だったので、色々と心の準備が整っていませんでした。

 

しかし、「登録(契約かな?)のために、本社まで来てください!と、急な段取りになってしまい……な非常に悩んだ末に、こちらから申し込んだものの辞退するという選択をしました。

※今だったらきっと迷わず登録していたと思います。゚(゚´Д`゚)゚。

 

非常に勿体ないコトをしたかも……。評判も良い事務所ですので、関東近郊で事務所選びにお悩みの方は、候補の1つとして考えてみても損はないと思います。

 

 

まとめ!

さて今回は、子役事務所「クレヨン」について特徴などお話させて頂きました。

 

ポイントとしては、本気で活躍したいと考えている場合は《専属モデル》を、

子役業界にちょっと興味あるし、まずはちょっと覗いてみたいな~など、業界のコトがちょっと気になる場合は《カンタン登録》から始めてみるのがおすすめです!

 

重ねて申し上げますが、ご自宅あるいは学校から”仕事現場までの交通費は自己負担”です!

その点で考えると、今後の活躍を目標としている場合は関東近郊のキッズのほうが有利かもしれません。

 

ファーストステップの審査については、どなたでも無料で申し込みが可能ですので、まずは気軽に応募してみて、他の事務所との雰囲気を比較してみるのも1つの手ですよ。

 

ウチの次男坊も、今後ピッタリの事務所と出会えるといいな~と思っています(*`ω´)

 

 

 

 

 

クレヨンに所属させていた家庭の体験談まとめ

クレヨンに過去に所属していた家庭の体験談が届きました。以下、ご紹介します。

 

クレヨンへは8年半年前、私に長女が生まれたのをキッカケに、モデル登録をしました。

私は昔から「子供が生まれたら、是非赤ちゃんモデルのお仕事をさせてみたい!」と夢見ていたこともあり、そのことを周りの友人や知人へも話していました。

 

すると、「有名なキッズモデルのプロダクションがある」という気になる情報をママ友のお母さんから聞き、早速教えてもらったクレヨンのホームページをチェックしてみました。

 

簡単にモデル登録ができるということもあり、ますます興味が湧き、まずは「クレヨン」の公式サイト上から≪かんたん登録≫を利用し、長女の名前・年・性別・生年月日などのモデル登録に必要な情報を入力し、写真も長女の顔と全身が分かるものを画像ファイルとして添付し入力フォームで送信ました。

 

それから、5時間くらい経った後。

登録時に一緒に入力しておいた私の連絡用メールアドレスになんと、「1次審査通過」の通知が届きました。

そのメールには「初期費用3000円と、年会費である10000円、そして東京・渋谷の桜ヶ丘にあるクレヨンの本社事務所で使用する宣伝用材料写真の撮影料15000円を支払って正式にモデル登録すること」にをおすすめする内容が書かれていました。

 

私はあっさりと長女が1次審査を通過したことに少し驚きつつも、これはせっかくのチャンスだと思い、主人に報告。主人も「すごいじゃないか!」と喜んでいました。

 

そして、次の週には長女を連れて「クレヨン」本社事務所がある渋谷の桜ヶ丘向かい、宣伝用材料写真の撮影を行い、各費用の支払いもしっかりと済ませ、正式に長女が「クレヨン」の登録モデルとなることができたのです。

 

モデル登録をしてから最初の年の活動は、インターネット上のクッキングレシピサイトの企画で、ベビーフードを食べている赤ちゃんの写真を撮影するというものでした。

 

撮影場所は自宅でOKとのことで、撮影スタッフが来て我が家のキッチンを使用しながらベビーフードを作りそれを長女に食べさせたり、撮影スタッフの他にも「クレヨン」のプロデューサーさんやコーディネーターさんに一般の社員さんなど、たくさんのスタッフが我が家を訪れました。

 

狭い家だったため、撮影を進めていく上でで戸惑うことも多かったですが、何とか初回の撮影を無事に終えることが出来ました。

 

最初の年のモデル活動は、そのベビーフード企画の撮影と、おんぶヒモのスリングの撮影、計2回のモデル活動だけで終わりました。

 

その次の年は、1歳になった長女が他の「クレヨン」所属の赤ちゃんモデルの子供たちと一緒になって知育おもちゃのパンフレット用の写真撮影と、産婦人科の病院を紹介するパンフレットの撮影、そしてテレビのバラエティ番組の企画で赤ちゃんの生活を撮影することとなり、他の事務所に所属している赤ちゃんたちと一緒にプレイルーム内で長女や他の赤ちゃんたちがお昼寝している様子を撮影したお仕事、計3本の活動をさせて頂きました。

 

3年目となるその次の年では、ついに2歳となった長女に「クレヨン」の事務所の方から「専属モデルになりませんか?」とモデルとしてのステップアップを薦められたのですが、ちょうどその頃、長女は自宅内やお出かけした際、よくグズりだしてしまう時期へ突入してしまいました。

 

これ以上モデルのお仕事を続けるのは事務所の方や撮影スタッフの方々にご迷惑をおかけしてしまう思い、専属モデルへのステップアップはお断りし、「そろそろ頃合いかな」と考え、残念ではありますが「クレヨン」での活動を引退することにしたのです。