カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

 京都職人つくりびとは、職人さんの『ここにしか無い!手づくり逸品ものを扱うサイト』です。実際につくりびとが職人さんの工房に取材させて頂きご紹介しています。代々に受け継がれた伝統工芸に裏付けされた技術や技法は、大量生産された流行り物とは違う味わいがあります。
江戸時代創業の老舗もおられます。お気軽にお問い合わせ下さい

【歴史探訪】京都伏見城 武家屋敷の古地図

京都古地図武家屋敷 
文禄3年(1594年)、関ヶ原の戦いの数年前、伏見城がちょうど完成した時に作られた地図です。
伏見城を中心に全国各地の武将の屋敷や街道、河川を描いた
伏見町誌付図「豊公伏見城ノ圖(ず)」
です。 (京都伏見の武家屋敷の古地図

伏見以外でこんなに有名な武将たちのお屋敷が密集しているところはきっと無いでしょう!

2014年の大河ドラマ『軍師官兵衛』の主人公である
黒田官兵衛(如水)が最後に息を引き取ったのがこの伏見にある藩邸です(福岡説も少しあるそうですが)。
もちろんお屋敷載っておりました↓
黒田官兵衛、長政屋敷
↑この時は家督を譲られた息子の長政の屋敷ではありますが、もちろん黒田屋敷は載っております。
またこの黒田屋敷前の「青木民部小輔」の子孫の方も伏見でご存命だそうです。
あと黒田官兵衛と共に二兵衛と言われた「竹中半兵衛」の一族のお屋敷も載っております。
現在もその地域は「竹中町」という名前の住所になっています。(現伏見区役所の近くです)
ちなみにこの古地図の製作者の一人は竹中半兵衛の従兄?甥?の竹中貞右衛門です。

(※こちら↓写真のように折った状態での発送となります。
折らないご要望での発送も出来ます。
ただ筒状の段ボール代別途300円頂けますようお願い致します。
その場合、まずはお問い合わせ下さい。)

【歴史探訪】京都伏見城 武家屋敷の古地図

価格:
1,620円 (税込)
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

他に類を見ない密集した武家屋敷

古地図伏見古地図拡大
地名や家紋など戦国武将の武家屋敷が載っております。
右写真が拡大したものです。
伏見ほど武家屋敷が密集したところはありません!
伏見城の周りには有名な武家屋敷が集中しており、
有名な武将の名前がそのまま現在も町名として使われております。

周辺は城下町として栄え、秀吉が全国から職人を集めました。
それが現在の「大手筋商店街」と言われる商店街の誕生です。
また今の「大手筋商店街」は家康が日本で初めて銀座を作った経済の要所です。
現在は数年以上前からアーケードが全面ソーラーパネルになるなど
エコ京都としても活躍しています。

また地図の下の方に海のように広がる河をご注目下さい。
現代ではほとんどが埋め立てられていますが、ここは現在も「伏見港」と言われています。
内陸で「港」と言う名前が付いているのはここだけだそうです。
この淀河を下ると大阪湾まで行くことが出来、港として活発に交易がされていたことが伺えます。

古地図説明
地図の左側に分かりやすく番号表を入れております。
左が現在の町名で右がそこにお屋敷を建てていた武将の名前です。
対応した番号で地図の左側に説明文なども書かれております。
18番伊達政宗や、23番上杉、25番石田三成などは今でも有名な武将ですよね

桃山町政宗にある海宝寺には政宗が植えたとされる
樹齢400年の「銘木・無二の木斛(もっこく)」が今もどっしりと根付いています。
また伏見港と呼ばれる場所では秀吉が信長のために建てたお墓が現在もあります。

嬉しいおまけ♪

歴史探訪〜伏見城下町〜 ⇒ 歴史探訪〜伏見城下町解説〜
こちらの「歴史探訪」という解説書もお付けしています。
伏見は未だに地面を掘ると伏見城の鬼瓦が出たりしており、未開発の部分も多い土地です。
徳川埋蔵金ならぬ、豊臣埋蔵金があったりして?
インテリアや学術的な素材としても使えますので、ご興味がおありの方はぜひご購入下さい。






 
伏見名所アドバイス!
私の知る限りの名所をお伝えします。
・菅原道真ゆかりの「北向見返天満宮」
・「鳥羽伏見戦跡碑」等(弾痕が残っている町屋もあります)
・坂本竜馬でおなじみ「寺田屋」
・「常盤御前拿捕之地」(2歳の源義経と共に母の常盤御前が平氏に捕まった地です)
・徳川家康が建てた「伏見学校」(現在は円光寺)
・世界大戦時の陸軍大将だった乃木大将を祭った「乃木神社」
・伏見城本丸跡に建てられた明治天皇御陵と、京都を碁盤の目にした桓武天皇が眠る「桃山御陵」
・スサノオノミコトやヤマトタケルノミコト等10数人の神様を祭った「藤森神社」
・千本鳥居がある「伏見稲荷大社」
・世界文化遺産である「醍醐寺」(紅葉がとてつもなく綺麗です)
・一寸法師が都に行くのに通った淀川

また伏見は昔は伏水と言われ、「伏見七名水」があり、
その中でも御香宮神社の「御香宮水」は日本名水100選にもエントリーされています。
湧き水として無料で飲めるのでお立ち寄りの際は是非お試し下さい。
良い水が湧くので現在でも酒蔵(月桂冠・黄桜など)がたくさんあることでも有名です。
酒かすラーメンなんてものも名物としてあります。
いつでもお待ちしております^^

【歴史探訪】京都伏見城 武家屋敷の古地図

価格:
1,620円 (税込)
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

■サイズ:A1サイズ(594mm×841mm)
■内容:京都伏見区武家屋敷全図(家紋入り・現在との町名比較。現在では最も正確な最新版)
※額は販売しておりません。地図のみの販売です。また折った状態での発送となります。
■本体価格1,050円(税込)。
取り寄せ・梱包費を含みますので恐縮ですが「1,575円」の販売です。
往復の電車賃や時間を考えれば通販の方がむしろお安いかもしれません。
事務所での直接販売の場合は1,050円の販売とさせて頂いております
(住所:伏見区桃山筒井伊賀東町47コスモ丹波橋1F/近鉄・京阪丹波橋駅から歩いて5分です)。

製造・販売元:株式会社 京都吉田地図

関連商品

【天保2年彫刻・慶応4年復刻】幕末京都古地図

4,094円(税込)
購入数

【大京都市街地図】昭和2年京都古地図

4,423円(税込)
購入数

【天保14年】京都古地図

4,094円(税込)
購入数

【大正2年】京都古地図

3,271円(税込)
購入数

【大正14年】大阪古地図

4,423円(税込)
購入数